学部・学科

応用生物学部 環境生物科学科

環境生物科学科

人と生物、人と環境との関係を科学的に理解。
持続可能な社会における環境創造に貢献する人材を育てます。

学びのポイント

生物と環境の仕組みを深く学修する。
環境問題を正面から捉えて科学的に解決していくために、「大気圏」「水圏」「土壌圏」のすべてを研究フィールドとして生物と環境の関わりのあるバイオサイエンスとバイオテクノロジーを深く学修します。そして、これからの環境の創造に貢献し持続可能な循環型社会を実現する人材を養成します。
環境に対応した新しい技術の開発をめざす。
生物の多様性の保護。生活や産業活動で生じる環境に好ましくない物質群を、有用な物質に変換する技術の開発。生物の力を借りた、より良い環境の創造。あるいは、生物が提供してくれる資材(バイオマス)の有効利用。これらの課題に真正面から取り組み、環境に対応した新しい技術の開発をめざします。
バイオからフィールド実験まで、環境の科学を学ぶ。
まず現代の生物科学の基盤となる科目を学び、環境化学や環境生物学、生態学や生物資源論などの専門科目群へと学習を進めます。実験実習が重視されているのも特徴です。バイオの基盤となる実験科目群だけでなく、水圏や土壌圏、大気について学ぶ実験、環境植物学実験などの専門科目も学びます。

環境生物科学科 研究室紹介

南研究室

CLOSE-UP 1南研究室

生物の美しさを、客観的データで伝えられる人に。

生物多様性は、「遺伝子」「種」「生態系」の3つの階層構造で成り立っている。このことを網羅的に学ぶのが、南研究室だ。「具体的には、野生動物の遺伝子を取り出して親子関係を調べたり、胃の内容物や排泄物から食料を突き止めたりしています。そう、例えば野生のタヌキが何を食べて生きているのかって、いまだにわかっていないんですよ」。南先生の話はおもしろく、この研究室で新たな事実がたくさん発見されていることがわかる。「さまざまな種を扱うので、生物間の関係性も追求できます。学生に常々言うのは、感情論で評価せず、客観的で再現性のある科学的手法を身につけること。生物の美しさや貴重性を客観的データで伝えられる人になってほしいですね」。卒業研究は、学生と先生の連名で学術論文にする。学会報告も夢じゃない。

南 基泰 教授
南 基泰 教授
ゼミはどんな雰囲気?
研究材料を採集するために、中部圏のみならず海外に行くこともあります。そうしたフィールドワークをグループで行うため、協力体制をつくりやすい雰囲気が自然にできています。
武井研究室

CLOSE-UP 2武井研究室

魚の目はどんな構造? その生態のおもしろさを追究。

魚は多くの未知を秘めている。多様なアプローチで魚類生物学を追究するのが、武井研究室だ。「現在は、魚類の視覚系などの感覚器を主な対象として、組織形態学的解析と分析化学的解析を行っています」。そう話す武井先生と学生たちは、新鮮な標本を入手するために、海や川へ釣りに出掛けたり、魚市場へ貴重な魚を仕入れに行ったり、漁船に乗せてもらったりするというから活動的だ。「魚の生息地を自分の目で確認することも研究のひとつです。また、研究室に電子顕微鏡や質量分析装置など高度な設備が整っていることも自慢です。精密なデータを取り、新たな発見をしてほしいですね」。学生の卒業研究は論文のほか、学術論文として発表されることも。「応用研究に結びつくヒントになれば」。魚も研究もおもしろさは未知数だ。

武井 史郎 講師
武井 史郎 講師
ゼミはどんな雰囲気?
ひと言で言うと自由です。コアタイムはなく、セミナー発表や中間報告といった期限に間に合えばOK。実験用の魚を釣りに行くなど、自分のペースで研究を進めています。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「理科」
  • ●食品衛生管理者
  • ●高等学校教諭一種免許状「農業」
  • ●食品衛生監視員
  • ◎甲種危険物取扱者

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。 


目標に向かう先輩たちの学び

研究成果を、世界に発表する!
目標に向けて具体的に進む日々。

村田 紋奈さん

応用生物学部 環境生物科学科 2019年3月卒業

村田 紋奈さん

岐阜県 岐阜農林高等学校出身

進学先中部大学大学院

世界初の発見に向けて、日々微生物の研究を続けています。化粧品などに保湿成分として含まれる生体保護成分を、従来のバクテリアではなくカビなどの微生物を使って大量生産できないだろうか。バクテリアだと高塩濃度の環境が必要なため、設備がすぐ劣化してしまうのです。開発できれば世界に向けて発表でき、実用化につながります。それほどの研究ができるのは、先輩方から研究が引き継がれてきた歴史と、本格的な実験設備が整っているから。研究室の和やかな雰囲気にも支えられています。多くの経験から、内向的な性格も変わりました。学会で英語を使って発表するために、留学やPASEO受講で英語力も磨いています。大学院に進み、これからも中部大学の環境に支えられて研究を続けます。

※協定校のオハイオ大学から認定された講師陣が担当する英語集中教育プログラム。

村田 紋奈さん
研究結果を世界に向けて発表したい!そのため、ネイティブの先生から英語を教わるPASEOに週3日通っています。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ