学部・学科

応用生物学部 食品栄養科学科 食品栄養科学専攻

食品栄養科学科 食品栄養科学専攻

食にかかわる技術開発や新商品開発、生産技術や流通システムの開発など、「食」のエキスパートを養成します。

人類はその歴史の中で常に「食」の問題に取り組み、解決を図ってきました。安全な「食」を手に入れた今日でも、解決すべき問題はまだまだ山積しています。食品栄養科学専攻では、安全でおいしく栄養価の高い食品を安定して提供していく「食のエキスパート」を養成します。このためバイオサイエンスの基礎を学んだうえで、食品の特性や機能、品質や成分の変化、体内での生命現象などを理解。同時に、成分分析方法、食品生産技術、品質管理技術、さらには商品流通に至る知識と技術を備え、食品に関わる幅広い領域での活躍をめざします。

学びの特長

「食」を支えるサイエンスの基礎を徹底して学ぶ。
「食」の栄養性、嗜好性、機能性を広く、深く学ぶ。
「食」の生産・加工・流通から消費・再利用まで体系的に学ぶ。
「食」のテストプラントを活用した「製造実習」を体験し、実践力を学ぶ。
「食」の安全性を守る分析技術の修得。
「食」の機能性を深く学び、新たな食品の開発力を養う。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「理科」※
  • ●食品衛生監視員
  • ●高等学校教諭一種免許状「農業」※
  • ◎甲種危険物取扱者 など
  • ●食品衛生管理者
  • ○食の6次産業化プロデューサー

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 ○は受験資格の取得が可能なもの。 ◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)

※2018年4月、再課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。


先輩の声を聞いてみよう

学内のプラントを使って食品を製造。
知識が目で見て理解できます。

肉の筋構造や食品添加物の作用を講義で学習。その後、大学内の食品プラントで添加物の量を変えたミートローフを製造し、食感や色合いを比較します。実物を見ることで原因と結果が頭の中で結びつき、理解が深まります。

応用生物学部 食品栄養科学科〈食品栄養科学専攻〉 2018年3月卒業 山田 ひかる
静岡県 袋井高等学校出身

山田 ひかる

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ