学部・学科

応用生物学部 食品栄養科学科 食品栄養科学専攻

食品栄養科学科 食品栄養科学専攻

食に関わる技術開発や新商品開発、生産技術や流通システムの開発など、「食」のエキスパートを養成します。

学びのポイント

バイオの基礎を身につけ、食品科学と栄養科学の領域に。
私たちの生活を毎日、基盤として支え続ける「食」の技術は、バイオを始めとする高度な科学技術で成り立っています。食の安全、食糧自給率、鳥インフルエンザやBSE(牛海綿状脳症)、あるいはメタボリックシンドローム...。21世紀の「食」の課題に立ち向かうプロフェッショナルを育成します。
「食」を支える科学技術の基盤を徹底して学ぶ。
生物化学や分子生物学、有機化学などバイオの最先端の内容を徹底的に学修します。さらに食品機能学や栄養生化学、食品分析学、食品安全学など「食」の課題解決のためのさまざまな分野を学び、卒業研究で専門領域を深めます。バイオを基盤に「食品」を系統的に学ぶことが、この専攻の特徴です。
最新のテストプラントを活用した実習を充実。
「食」のプロフェッショナルになるためには、理論の徹底した学修が必要です。また理論にプラスして現場に即した設備を利用して、実験・実習を多く経験することが必須です。充実した実験室に加え、最新の食品加工・製造を行える専用のテストプラントを設置。この専攻だからこそ学べる世界があります。

食品栄養科学科 食品栄養科学専攻 研究室紹介

津田研究室

CLOSE-UP 1津田研究室

エネルギーを消費する脂肪細胞を食べ物で増やす。

白色脂肪組織は過剰なエネルギーを蓄えてしまうが、褐色脂肪組織は脂肪を燃やすことで熱を産生する。つまり、褐色脂肪細胞を誘導すれば、食べながら健康的に痩せられるというわけだ。そんな夢のような研究を進めるのが津田研究室。「実験段階ですが、褐色脂肪細胞を誘導する食品成分として、柑橘類のポリフェノール、ウコンに含まれるクルクミンやプロポリスなどを明らかにしました。現在は、そのメカニズムを分子レベルで明らかにしようとしている段階です。この成果をもとに、肥満・糖尿病予防食品などの開発も民間企業と進めています」。研究に臨むのは、学部生や大学院生のほか、博士研究員、実験テクニシャン、と体制は万全だ。「個々の研究をみんなで議論し、新たな論文などを共有しながら研究を進めています。充実した研究生活が送れますよ」。

津田 孝範 教授
津田 孝範 教授
ゼミはどんな雰囲気?
結束が強く、男女問わず仲が良いですね。報告会後に打ち上げをするなど、メリハリをつけて楽しく研究しています。OB・OG会は学生の就職・進学の相談に役に立っていますね。
山本研究室

CLOSE-UP 2山本研究室

肺における薬物動態を、呼気から解明する。

病室にお見舞いに行くと、いかにも病院という独特なにおいがすると感じた経験はないだろうか? それはもしかしたら、患者さんの呼気から排出された治療薬物のにおいかも。山本先生は、肺は排泄器官だと注目され始めていると語る。「肺は、薬物が生体において処理される過程(ADME=呼吸、分布、代謝、排泄)に大きく関わる臓器です。呼気を採取して内因性・外因性成分を測定し、薬物動態を追究しています」。この研究は、他大学の医学系研究科、光学機器メーカー、食品メーカーとの共同研究だ。呼気から薬物を検出できれば、採血に頼らずに検査ができるため患者さんの負担が減る。「他の研究も外部との共同研究なので、多くの社会人が出入りします。学生はまず礼儀から、ですね。楽しく実験を行い、学術論文が成立するデータを導くことが目標です」。

山本 敦 教授
山本 敦 教授
ゼミはどんな雰囲気?
外部の専門家も社会人大学院生もいて、幅広い年代が集まった研究室です。多様な意見を聞くことができる貴重な環境なので、ぜひ能動的に研究に向かってほしいなと思います。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「理科」
  • ●食品衛生管理者
  • ●高等学校教諭一種免許状「農業」
  • ●食品衛生監視員
  • ◎甲種危険物取扱者
  • ○食の6次産業化プロデューサー

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)。○は受験資格の取得が可能なもの。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

メタボリックシンドロームにつ。
企業との共同研究に挑む。

加藤 大樹さん

応用生物学部 食品栄養科学科 食品栄養科学専攻
2019年3月卒業

加藤 大樹さん

愛知県 春日井高等学校出身

就職先フジパングループ本社 株式会社

脂肪を熱に変える褐色脂肪細胞を増やせば、エネルギーの消費を増やすことができる。――企業との共同研究で、ウコンに含まれるクルクミンの効能を調べました。クルクミンを摂取すると、褐色脂肪細胞が増加し、脂肪を熱に変えて消費できることがわかりました。現在は少ない摂取量でもこの効果を高める方法を研究しています。先生や先輩は、長年の経験から効率的な実験手技を教えてくださいました。また先生は常日頃から、組織として協力することや、決められた時間に集中して取り組むことなど、社会人として必要とされる態度を教えてくださったので、人間として成長できたと実感しています。大学への感謝を胸に抱き、食品機能を生かした商品開発に携わることをめざしています。

加藤 大樹さん
卓球部の練習も全力で取り組みました。週6日の練習、中国留学、韓国遠征などを経て、インカレ出場も果たしました。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ