学部・学科

応用生物学部 食品栄養科学科 管理栄養科学専攻

食品栄養科学科 管理栄養科学専攻

「食」に関する最新バイオサイエンスの知識を身につけ、保健・医療・福祉・教育などの分野で人々の生活の質の向上に貢献できる管理栄養士を養成します。

学びのポイント

21世紀の「食と健康」をバイオの基礎から理解する。
生活習慣病をはじめ、私たちの健康保持や疾病予防には、「食」の問題が深く関わっています。また、「ポストゲノム」の時代においては、個々人の資質を考慮したテーラーメイドなど栄養管理が望まれています。新しい時代の健康づくりを担うため、バイオに強い次世代の「管理栄養士」を育成します。
「食と健康」に関するバイオの基盤をしっかりと学ぶ。
バイオサイエンスの最先端の内容について学んだうえで、「食と健康」に関するリアルタイムな課題を解決するための、さまざまな分野における知識や技術に関する理解を深めていきます。バイオの知識を基盤に栄養指導ができる管理栄養士を育成することが、この専攻の大きな特徴です。
最新の実験・実習設備を完備、充実した環境で学ぶ。
臨床栄養実習室や給食経営管理実習室をはじめ、最新機器が整備された専用の実験・実習室を完備しています。充実した環境で多くの実践的教育を受けることができます。

食品栄養科学科 管理栄養科学専攻 研究室紹介

長島研究室

CLOSE-UP 1長島研究室

健康に貢献する研究で、アイデアを形にする経験を。

長島研究室は、「栄養教育チーム」と「実験チーム」とに分かれて研究を行う。前者は、栄養価の情報がインプットされたICタグを内蔵したフードモデル(食品サンプル)を利用し、新たな栄養教育法や食育教材を開発する。後者は、ゴマの発芽条件によって変化する成分の分析・測定を行い、機能性を高めたゴマ食品を開発する。両者は一見、無関係に見えるが、「研究成果を人の健康に役立てるという目的は共通です」と長島先生。そして目的以上に先生が重視するのが、研究の過程だ。先行研究を調査し、そこにない独自の研究内容を検討する。そして、実験・研究結果に妥当性や新たな発見があるかどうかを見極め、次のステップを考える。「アイデアを形にするこうした過程は、社会に出て仕事をしていくうえでも、必ず役立つものなのです」。

長島 万弓 教授
長島 万弓 教授
ゼミはどんな雰囲気?
チーム別の研究のほか、全員で行う子ども食堂のボランティアを通じた、栄養マネジメントの実践も。学生同士はとても仲が良く、自主的に協力し合って行動してくれています。
草野研究室

CLOSE-UP 2草野研究室

地元農産物が持つ力を生かす食品・メニューを開発。

「愛知県は全国有数の農業県であり、その種類・質ともに充実しています」と草野先生。学生は、地元の農産物を使って、それが生体に与える影響の解明と、その作用を有効に発揮する食品・メニューの開発に取り組む。題材とする食材ごとのグループで研究を行い、成果は学会で発表するほか、生産者の勉強会でも報告する。管理栄養士の卵である学生に、先生が研究を通じて最も身につけてほしいこととは? 「現代は食に関する情報があふれていますが、中にはそれを裏付ける結果があるものもあります。自ら時間をかけ実験を重ねて得たデータを、責任を持って世に提示する経験を通じて、データ1つ、教科書1行の重みを知ってほしい。そのうえで専門知識を役立てることのできる、食の専門家をめざしてほしいです」。

草野 由理 准教授
草野 由理 准教授
ゼミはどんな雰囲気?
明るいです。別室にいてもその声が聞こえてくるほど。でも各自のペースでテーマに取り組んでいます。そこから生まれたアイディアを大切にしていきたいですね。

取得が期待される資格

  • ○管理栄養士(国家試験受験資格)
  • ●栄養士
  • ●食品衛生管理者
  • ●食品衛生監視員
  • ●栄養教諭一種免許状

○は受験資格の取得が可能なもの。●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

食の知識を、子どもたちのために。
その思いが、私の学びの原動力。

沼田 彩希さん

応用生物学部 食品栄養科学科 管理栄養科学専攻
2019年3月卒業

沼田 彩希さん

愛知県 桜台高等学校出身

就職先株式会社日本保育サービス

私が研究するのは、食生活の改善につなげる栄養指導の方法です。まず、摂取した栄養量を、食事内容から自動計算できるシステムを使って明らかにします。そのうえで鉄分やカルシウムなど、体への影響が大きく不足しやすい栄養素に絞り、改善策をわかりやすく指導する方法を試行錯誤しています。大学祭や地域の交流会の来場者を相手に実際の栄養指導も実施し、「食生活への意識が変わった」と、うれしい言葉もいただきました。幼い頃から食べることやお菓子づくりが好きだった私は、食の知識を人の役に立てたくてこの学科へ。学ぶほどに、一生に影響する子ども時代の食習慣の大切さを強く感じています。卒業後は保育園の栄養士として、子どもたちの関心を引く栄養指導を模索していきます。

沼田 彩希さん
地域の世代間交流会で、シニアの方々に栄養指導。一緒に料理をする際には、私たちが教わることもありました。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ