学部・学科

現代教育学部 幼児教育学科

幼児教育学科

子どもの願いを読み取り、ともに夢を実現できる幼児教育の専門家になりましょう。

昔から「三つ子の魂、百まで」と言われます。人生において幼児期の環境はそれほど重要なのです。だからこそ、この時期の子どもが、「先生と一緒にいると、わたし何でもできるようになる。先生、大好き!」と言ってくれるような環境を構成していく力が、保育者には求められます。幼児教育学科では、保育と教育に関する知識を身につけると同時に、身体表現・造形・音楽・文学など多様な分野から学生が自分の得意なものを見つけ出し、その分野ではナンバーワンの先生と幼児から憧れられるような一芸を磨いてくれることを期待しています。

学びの特長

質の高い幼児教育を学ぶ。
幼稚園教諭一種免許状と保育士資格の2つが取得可能。
地域での「子育て支援」ができる幼児教育専門家の養成。

取得が期待される資格

  • ●幼稚園教諭一種免許状
  • ●レクリエーション・インストラクター
  • ●保育士

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。


先輩の声を聞いてみよう

体験するからこそわかること。
子どもの視点から保育を考えています。

子どもの造形活動を、私たち学生も体験しながら学んでいます。そのため、「子どもたちが楽しく安全に活動するために必要な環境とは」、「一人ひとりの長所を引き出せる保育とは」、と常に子どもの視点から考えられるようになりました。

現代教育学部 幼児教育学科3年 内藤 望 三重県 津高等学校出身

内藤 望

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ