学部・学科

現代教育学部 幼児教育学科

幼児教育学科

子どもの願いを読み取り、
ともに夢を実現できる幼児教育の専門家になりましょう。

学びのポイント

子育て支援のためのスキルを磨く。
地域社会や家庭の教育力の低下が叫ばれている今日。幼児教育のプロが積極的に地域社会に出て、子育て支援システムを築くことが大切です。その中心的存在となれる子育て支援コーディネーター・アドバイザーの育成もめざしています。
2つの資格取得が可能なカリキュラム。
保護者の高学歴化、社会の一層の複雑化の中で幼児教育に関わるためには、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格のどちらも取得しておくことが有利になります。保育実習・教育実習は、就職活動に支障をきたさないよう配慮しています。
子どもにぴったりの遊びをデザイン。
子どもは、幼児期にどんな遊びをどれくらい体験するかによって、その後の発達が左右されると言われています。幼児教育学科では、豊富な体験を通して、一人ひとりの子どもに応じた遊びを提供できるイメージ力と実践力を磨くことができます。

幼児教育学科 研究室紹介

千田研究室

CLOSE-UP 1千田研究室

子どもに最善の環境づくりに必要なのは、スキルと感性。

子どもを取り巻く環境は、成長に大きな影響を及ぼす。「教育・保育環境は、自然・物・人という構成要素から成ります。それらをどう組み合わせ、どのような環境をつくるかは、保育者次第です。その方法を獲得するのが、私のゼミの目的です」と千田先生は言う。文献による調査も行うが、先生が最も重視するのが、五感を通じた学び。つまり、幼稚園や保育所など現場での観察だ。学生たちは、子どもや保育者の姿も含めた環境を自分の目で見て、気づきを深める。そして、季節に合った保育環境を自分たちで議論しながら考え、学内の模擬保育室と模擬園庭で形にしてみる。「体験的に学ぶ理由は、保育環境を構成するうえでは、感性も大切な要素だから。技術と感性の両方を磨き、子どもたちにとって最善の環境を構成できる保育者に育ってほしいのです」。

千田 隆弘 講師
千田 隆弘 講師
ゼミはどんな雰囲気?
学外での活動が多いこともあり、私を含めた全員の距離が自然と近くなっています。季節ごとに開催する3・4年生の交流会では、4年生が3年生の相談に親身に対応しています。
寺井研究室

CLOSE-UP 2寺井研究室

音楽表現を、幼児教育に活用できる力へと磨こう。

先生のピアノ伴奏に合わせて学生たちが踊り始める。笑顔が広がり、笑い声がこぼれる。「ゼミ生は、このような協働的な音楽体験を積み重ねます」と言う寺井先生の研究室は、「音楽的要素の身体的表現を促すピアノ伴奏法」を全体の研究テーマに掲げる。各自の卒業研究テーマは、「幼児のリズム表現能力を高める指導法」や「音によるイメージの身体表現」など。手づくり楽器の制作や、幼児が楽しめる楽器のためのアレンジ楽譜の作成に挑戦する学生もいる。「そのような学生にも論文を義務づけ、日ごろの活動では自分の言葉で意見を発することを大切にしています」。実践と思考、どちらも重視する先生がめざすのは、音楽表現を幼児教育の現場で生かすだけでなく、子どもの表現の奥にある気持ちに対して、問題意識のアンテナを張れる人材の育成だ。

ゼミはどんな雰囲気?
幼児教育における音楽表現への理解が深まるよう、人との関わりから学べる機会を設けています。学生同士が学年を超えて、一緒に音楽表現活動をする様子も見受けられます。

取得が期待される資格

  • ●幼稚園教諭一種免許状
  • ●レクリエーション・インストラクター
  • ●保育士
  • ●准学校心理士

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。 


目標に向かう先輩たちの学び

造形を通じて子どもの気持ちを理解する。
それが口下手な自分なりの保育。

市岡 善起さん

現代教育学部 幼児教育学科 2019年3月卒業

市岡 善起さん

岐阜県 坂下高等学校出身

就職先岐阜県中津川市職員(保育士)

造形表現に関するいくつかの授業では、絵の得意な同級生と競うように課題の作品を描いては見せ合ったり、手に絵の具をつけて紙に広げるなどの新しい表現手法を学んでは試したりしました。夢中で楽しく取り組んだ学びの中には、大きな気づきがありました。それまで私は、「保育者は明るく元気に子どもたちと接するもの」と思い込み、口下手で緊張しやすい自分に引け目を感じていました。でも、そうじゃない。造形作品を通じて、子どもの感じていることをくみ取り、試行錯誤しながら成長していく姿を援助できる――そんな保育のスタンスを見つけたのです。教育者として、一人の人間として、そして子どもたちの友達として、彼らの気持ちを理解できる保育士を、迷うことなくめざします。

市岡 善起さん
大学の活動「あつまれわんぱく隊」での子どもたちや先輩との出会いが、本気で保育者をめざす刺激になりました!

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ