学部・学科

工学部 都市建設工学科

都市建設工学科

実践教育を通じて、確実な知識・技術と柔軟なデザイン能力を修得し、都市建設まちづくりのプロをめざします。

学びのポイント

自立型の教育によって育成、「あてになる都市建設技術者」。
震災や社会基盤の老朽化への安全対策、低炭素社会や超高齢社会への対応など、都市建設の課題は山積みです。安全で円滑な社会基盤の整備や持続発展可能な地球環境の開発・保全に関する学術分野において、創成科目群を柱とした自立型の教育を行い、「あてになる都市建設技術者」を育成します。
JABEE対応型コースで、高度な技術者教育を実施。
アドバンスドコースは日本技術者教育認定機構(JABEE)から認定されており、高度な専門能力とリーダーシップが発揮できる力を身につけさせる教育を行っています。社会で必要とされる人間性と協調性を養いながら、高度で専門性が高い技術者教育を実施するため、実践力がしっかり身につきます。
学外活動の機会が豊富。さらに少人数教育を4年間徹底。
海外や被災地への視察旅行や実際のまちづくり活動への参加、映像制作ワークショップなど、学外活動を通して学ぶ機会も豊富です。また、少人数でていねいな教育を4年間一貫して実施し、公務員試験やさまざまな資格取得も手厚く支援しています。その成果は、高い就職率に表れています。

都市建設工学科 研究室紹介

服部研究室

CLOSE-UP 1服部研究室

実際のまちづくりを動かす、実践的な研究。

「まず都市空間ありきで考えるのではなく、住む人や利用する人の活動から、それに適した都市空間の形成を考える――それが私の研究する"まちづくりのデザイン"です」と服部先生。住宅団地「高蔵寺ニュータウン」のリノベーションのほか、沖縄県の孤島・北大東島や名古屋市内の歴史・文化的資産を生かしたまちづくりにも携わる。「さらに、行政や企業が進めるプロジェクトに参加する機会をできる限り提供します」。それらを通じて身につくのは、都市の空間を的確に把握し、時間・空間的なつながりをふまえて未来の姿を構想する技術。そしてプロジェクトを企画・運営する能力だ。研究成果は論文にまとめるほか、まちづくりの計画図書や映像作品、イベントなどの形で、社会に還元することもめざす。ここでの研究は机上の理論に終わらない、実践のスタートである。

服部 敦 教授
服部 敦 教授
ゼミはどんな雰囲気?
学外の現場にもどんどん出て実践するため、オープンで自由な雰囲気。学部生と大学院生が、実際のまちづくりプロジェクトの運営を、共同で行うこともあります。
伊藤研究室

CLOSE-UP 2伊藤研究室

コンクリート構造物の「一生」をシミュレーションする。

日本の高速道路や橋梁(きょうりょう)の多くは、数十年前に完成したものだ。この先も安心して利用するには補修・補強が急務だが、いつ、どのように行うべきだろうか? 「私の研究室では、ひび割れの発生や鉄筋の腐食など、環境作用による劣化が起きたコンクリート構造物の性能変化を評価・予測する方法を研究しています」と伊藤先生は言う。例えば、コンクリートは水和反応という化学反応によって固まる際、熱を発生し、その後、冷える。この挙動を有限要素解析という手法で表現する理論モデルを構築し、プログラム化。発熱・冷却時の膨張・収縮によって生じるひび割れ幅の予測や、ひび割れが発生した構造物の耐荷性能評価を行う。「どんな困難に直面しても解決策を見いだせる人材を育てたい」と願う先生。その根底にあるのは、日本のインフラを安全・安心に保つという使命感だ。

伊藤 睦 准教授
伊藤 睦 准教授
ゼミはどんな雰囲気?
学生が、自分たちで解決策を見つける力をつけられるよう、実験の際は学生同士で相談して行ってもらっています。積極的に意見を出し合い、協力し合って進める様子が見られます。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「工業」
  • ○一級土木施工管理技士(3年以上)
  • ●測量士補
  • ○一級管工事施工管理技士(3年以上)
  • ●測量士(1年以上)
  • ○一級造園施工管理技士(3年以上)
  • ●技術士補(アドバンスドコース修了生は申請により取得可)
  • ○一級建築施工管理技士(3年以上) など

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 ○は受験資格の取得が可能なもの。 ( )は実務経験年数。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

まちづくりの仕事で人を喜ばせたい。
幼い頃からの夢がかなった。

川部 ららさん

工学部 都市建設工学科 2019年3月卒業

川部 ららさん

岐阜県 恵那高等学校出身

就職先国土交通省中部地方整備局

「人に喜ばれ、世の中に不可欠な仕事がしたい!」と思ったのは、小学生の頃、土木関係の仕事をする父が地域の方に感謝される様子を見たからです。中部大学の都市建設工学科は、授業でもそれ以外でも先生方と気軽に言葉を交わせる環境。その中で、講義の知識を体感的に理解できる実験や、大学の図書館の周囲で行う測量実習に興味深く取り組み、学びを重ねました。さらに公務員をめざし、大学のサポートを利用して公務員試験対策も。目標へと一心に進んだ結果、卒業後は国家公務員として、規模の大きなインフラを手掛けることになりました。あって当たり前と思われている道路も、人と人をより短時間でつなぐもの。大学の学びと、女性として期待される細やかさを生かして、人の暮らしを支えていきます。

川部 ららさん
大学事務のアルバイトに、ダンスサークルでの大学祭参加、ピアサポーターと、授業以外も充実の大学生活でした!

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ