学部・学科

工学部 情報工学科

情報工学科

情報工学の基盤を身につけ、実践力と応用力、創造性に満ちた情報技術・情報工学のプロを育てます。

情報技術・情報工学は、人間の仕事や生活を強力に支援するシステムとして、社会のあらゆる分野で重要な存在となっています。また特にこの中部圏では、自動車、工作機械、航空宇宙技術の分野でも情報技術の重要性が増し、情報工学に関する専門家の養成が求められています。これらの時代の要請を受け開設された情報工学科では、幅広い視野と高い専門能力を備えた高度情報処理技術者・研究者の養成をめざしています。

学びの特長

多彩な活躍の場に対応した、専門科目が充実している。
情報工学の基盤を身につけ、応用力と創造性を伸ばす。
学ぶ目的を明確にし、実践力を高める。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「情報」※
  • ◎応用情報技術者
  • ●高等学校教諭一種免許状「工業」※
  • ◎プロジェクトマネージャ
  • ◎ITパスポート
  • ◎システムアーキテクト
  • ◎基本情報技術者
  • ◎情報処理安全確保支援士 など

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 ◎はその他、各学部・学科に関する資格(受験資格を要しないもの)

※2018年4月、再課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。


先輩の声を聞いてみよう

興味のあった画像処理を
企業と共同で研究し成長を実感。

画像編集が趣味だった私は、授業で画像処理ソフトの仕組みなどを興味深く学びました。ゼミでは企業と共同で画像処理技術の利用について研究。大学内外の人と相談しながら研究を進める経験は、自分自身の成長につながりました。

工学部 情報工学科 2017年3月卒業(中部大学大学院進学) 椎名 登紀子
三重県 四日市南高等学校出身

椎名 登紀子

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ