学部・学科

工学部 機械工学科

工学部 機械工学科

あらゆる産業で活躍する機械技術者。
実践教育を通じて、「幅広さ」と「奥深さ」を両立する人材を育成します。

学びのポイント

幅広い産業分野を支える機械工学の基礎力と実践力を養う。
機械工学は幅広い産業分野に関わる重要なテクノロジー。機械技術者は工業以外のジャンルでも活躍が期待されています。機械工学科では、「社会の基礎を支える機械技術者を養成する」という設立以来のポリシーのもと、基礎技術・実践能力・表現能力をバランスよく修得します。
卒業後の進路まで見据えたきめ細かな系統別カリキュラム。
習熟度別のクラス編成など工夫したカリキュラムで個々の学習効果を高めます。将来を見据え、「力学・制御」「エネルギー・流体」「生産プロセス」「メカトロ基礎」「工学設計」などの科目群を用意。技術者に必須の基礎力をもとに、応用力・創造力を養います。2次元・3次元CADを用いた設計教育も充実しています。
広い視野で機械工学をデザインできる技術者を養成。
基礎的・普遍的な技術に重点を置いた教育を展開。実験・実習で思考力・問題解決能力・創造力を身につけ、講義と関連させて応用力を養います。工業製品の設計開発から製造のプランニング、設備・装置のメンテナンスまで、幅広いニーズに対応し、広い視野で機械工学をデザインできる人材を育成します。

機械工学科 研究室紹介

鈴木研究室

CLOSE-UP 1鈴木研究室

身につくのは、本物の技術と、研究者としての姿勢。

超精密加工機や測定器がずらりと並ぶ実験室。ここまでの設備を持つ大学は世界的にも少なく、企業や国の研究所との共同研究が行われている。「光学、車、工具、金型、工作機械などの研究者とともに最先端の研究を進めています。開発された技術は実際に、スマートフォンのマイクロ非球面レンズや車の自動運転用のセンサーなどに応用されています」。学生のうちから第一線で活躍する研究者とともに研究できるとは、なんとも恵まれた環境だ。「学生は目的を持って研究に臨み、マネジメント力や企画力が身についてきます。社会人と接するのでマナーや合理的な仕事の進め方も身につき、そのまま能力が認められて共同研究企業に就職する学生もいます」。研究成果は論文ばかりでなく、業界雑誌の執筆、特許取得、展示会出展などに集約される。もはや大学の一研究室ではない。

鈴木 浩文 教授
鈴木 浩文 教授
ゼミはどんな雰囲気?
研究ミーティングや実験指導は厳しく行います。ともに研究に励む学生間では強い連帯感が生まれ、見学会や学会出席、食事会を通して楽しく深い人間関係が築かれています。
安達研究室

CLOSE-UP 2安達研究室

常識を超えた技術を。社会を動かす研究がここに。

「1年生から学んできた知識が役立つことを、卒業研究で実感してほしいんです」。そう語る安達先生の研究室では、学生たちはさまざまな研究テーマに取り組む。例えば、工作機械の構成部品であるスピンドルユニット(回転主軸)の開発。産学連携で取り組み、当時は常識破りの技術と言われた長尺スピンドルの開発と実用化を実現させ、技術賞を受けた。「建機や削岩機、航空機などの分野で役立つ技術を世に送り出すことができ、感無量でした」。ほかにも、ロケットエンジン用ターボポンプの振動解析と設計、骨折治療用インプラントの強度解析など、複数の企業との共同研究が進められている。「学生には、自分で考えて研究を進め、自分の言葉で発信できる人になってほしいと願っています。学生が研究を学術論文にまとめ、それが専門誌に掲載されたらいいですよね」。

安達 和彦 教授
安達 和彦 教授
ゼミはどんな雰囲気?
普段から議論することを推奨しているので、とても開放的な雰囲気です。グループで研究を進めるので日に日に連携は強くなりますし、大学院生が研究の相談に乗る姿も見られます。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「工業」
  • ◎機械設計技術者(3級)
  • ◎CAD利用技術者
  • ◎エネルギー管理士 など

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

材料の強さが人の命を守る。
求めるのは、世界に発信できる研究。

永田 千晶さん

工学部 機械工学科 2019年3月卒業

永田 千晶さん

愛知県 豊野高等学校出身

進学先中部大学大学院

鉄は炭素を多く配合するほど硬度が増すが、弾性は低く切れやすくなる。目的に合わせた材料の程よい配合率とは。――「金属がちぎれる」その事実に驚いてから、材料力学に夢中です。毎日研究室に通って続けているのは、丸棒試験片の引張試験。金属片に荷重をかけて伸ばし、弾性変形から塑性変形に移り、そして切れるまでの過程を動画に記録して解析します。何度も繰り返して近似式を導き出すのは根気のいる難しい作業ですが、だからこそ没頭。4年次の夏には先生の勧めで研究職や企業、病院の方々が集まる実験力学会に参加させていただき、研究意欲がさらに高まりました。目標は、大学院に進んでさらに研究を重ね、海外の学会で発表すること。そのためにPASEO※を受講して英語力も磨く日々です。

※協定校のオハイオ大学から認定された講師陣が担当する英語集中教育プログラム

永田 千晶さん
均等に力が加わるよう金属片を試験機にセット。荷重をかけて約20分後、「ボンッ!」と大きな音がして切れます。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ