学部・学科

工学部 ロボット理工学科

ロボット理工学科

実践的な工学技術を網羅的に学び、
ロボット共存社会を実現できる質の高いロボットエンジニアを育てます。

学びのポイント

効率よく学べるカリキュラムを採用
幅広い学問領域の知識を効率良く身につけられるよう、カリキュラムが工夫されています。学科専門教育科目は、理学、工学設計、プログラミング、制御・信号処理、生体・医療科学、創成科目に区分され、工学部共通教育科目とも連携し、体系的に編成されています。
工学者としての基礎を養う多彩な授業
学生の見聞を広めるため、研究室を巡りながらそれぞれ特徴のあるプロジェクトをこなす「ゼミナールA」や、ピア・レビューしながらプロジェクトを推進する基礎力を養う「プロジェクト演習A・B・C」などの授業を用意しています。
考える力・高いコミュニケーション力を育成
研究や課題の解決には、上級生や多方面の研究者などと協力することが不可欠です。問題解決に取り組み、その結果を論理的に取りまとめ、他者に説明することや助言を得るなどの体験を通し、豊かなコミュニケーション能力を身につけます。

ロボット理工学科 研究室紹介

藤吉研究室

CLOSE-UP 1藤吉研究室

学科を超えたタッグで「視覚を持つロボット」の実現へ。

ロボットと聞いてみなさんが想像するのは、自分で状況を見て判断し動作する、人型のものではないだろうか。実はロボットがものを見て判断する技術は、まだ研究途上にある。「そのような"視覚を持つロボット"の実現に、機械学習を用いた高精度の物体検出技術や、人物画像解析を中心とした画像認識技術で取り組んでいます」と語る藤吉先生の研究室は、情報工学科の山下隆義研究室と合同で「機械知覚&ロボティクス研究グループ」として活動する。企業との共同研究も活発で、走行中の車載カメラの画像から標識を検出し運転者に知らせるシステムや、講義中の教員の動きを追尾する撮影システムなど、製品化された実績もある。「学部生も大学院生とともに共同研究に参加します。他メンバーと協力して問題を解決し、困難に直面してもあきらめない力を獲得してください」。

藤吉 弘亘 教授
藤吉 弘亘 教授
ゼミはどんな雰囲気?
所属学科に関係なく、学生同士は活発に議論をしています。大学院生が20人以上いるのも、この研究グループの特徴。頼もしい相談相手となる先輩が、きっと見つかるはずですよ。
李研究室

CLOSE-UP 2李研究室

感情を読み取り、人を助けるロボットを創り出そう。

発達障がい児や、認知症の高齢者は、人とのコミュニケーションが難しい。李先生の研究室は、そのような人の特性を把握して適切なサービスを提供する"ヒューマンロボットインタラクション"を専門に研究している。めざすのは、コミュニケーション機能を持つロボットにより、対象者をアシストすること。「適切に人をアシストするには、ユーザーの感情を把握することが、非常に重要なポイントとなります」と李先生。そのため学生たちは、心理学や医学、看護学、作業療法など異分野の専門家と交流しながら研究を行う。海外との共同研究実績も多数。外部のさまざまな人と活発に意見交換しアドバイスを得られる、刺激的な研究環境だ。「大きなプロジェクトでは、当初の目的を見失いがちですが、最終目的は使う人を助けること。それを忘れず取り組んでほしいと思います」。

李 載姈 講師
李 載姈 講師
ゼミはどんな雰囲気?
定期的に研究室のセミナーやミーティングを開催しますが、時間の都合がつきにくい場合は、Skypeで打ち合わせを行うことも。強制されない自由度の高さが、この研究室の特徴です。

取得が期待される資格

  • ◎ITパスポート
  • ◎システムアーキテクト
  • ◎基本情報技術者
  • ◎情報セキュリティスペシャリスト
  • ◎応用情報技術者
  • ◎画像処理エンジニア検定ベーシック
  • ◎プロジェクトマネージャ
  • ◎データベーススペシャリスト など

◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

突き詰めなくちゃ、気がすまない。
世界でも未解明の、生体の謎を。

山中 都史美さん

工学部 ロボット理工学科 2019年3月卒業

山中 都史美さん

愛知県 小牧南高等学校出身

進学先中部大学大学院

「脳波に筋電位。生体信号でロボットが動く!」――3年次の「プロジェクト実習」での経験は、中高生時代、ロボコン競技に夢中だった私には、とても興味深いものでした。そこで、卒業研究も生体信号に関するテーマを選ぶことに。人間は頭が揺れると、無意識に眼球が逆方向に動き視界のブレを補正しますが、車窓の風景のような動く視界には追従します。異なる眼球の動きなのに、前者の動きを速く行った直後は、後者の動きにもすばやく反応するのはなぜか。脳内で情報はどう処理されているのか。金魚を使った実験でそのメカニズムを解明し、数式モデル化してロボットに応用するまでを自分で手掛けたい。欧米の大学ともさまざまな共同研究を進める先生の下、私もいつか海外で活躍することを夢見ながら確実に挑んでいます。

山中 都史美さん
2年次、アメリカで日本文化の紹介などを行うカケハシ・プロジェクトに参加。これも海外を志すきっかけに。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ