学部・学科

人文学部 コミュニケーション学科

コミュニケーション学科

映像制作などを通して就職に強いメディア文化情報のエキスパートを育成。

社会のニーズに応えられる「メディア文化情報のエキスパート」を育成します。具体的には、メディア・コミュニケーションの基礎理論、ドラマ・映画・アニメ・ゲームなどのメディア文化やマスメディアの流す情報の分析方法、歴史・現状などを学びます。また、メディアと社会の関係、取材調査技法などのジャーナリスティックな知識や技術、情報の真偽を見極めるメディア・リテラシーなども身につけます。さらに、表現系スキル(Web、アーカイブ、言語・映像・音響・アニメの制作など)を磨き、効果的に分かりやすく情報発信をする力を身につけます。教員、学芸員、司書などの資格取得にも力を入れています。3・4年次では、身につけたコミュニケーション・デザインとコミュニティ・デザインの能力を発揮して実践型の地域貢献プロジェクトで卒業研究を仕上げます。

学びの特長

討論・制作・プレゼンなど、少人数のグループ学習で絆を育む。
CATVなど地域との連携による実践授業で社会人基礎力を徹底育成。
スタジオを利用した本格的な映像制作。
成果物はコンクールなどで受賞多数。

取得が期待される資格

  • ●中学校教諭一種免許状「社会」
  • *日本語教員
  • ●高等学校教諭一種免許状「公民」
  • ◎日本語検定1・2・3級
  • ●学芸員
  • ◎ビジネス能力検定2・3級
  • ●司書

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 ◎はその他、各学部・学科に関する資格(受験資格を要しないもの) 

*は公的な日本語教員の資格は存在しないが、文部科学省設定のガイドラインに従い、日本語教員養成講座を設置する。希望者は申請手続きを行うことで、所定の単位修得後に日本語教員養成講座の修了証書が交付されます。


先輩の声を聞いてみよう

大学内のスタジオを駆使して、
"伝わる表現"を追求しています。

映像を撮影し、学内スタジオの設備を使って編集・合成する「映像情報デザイン」。大学ならではの魅力的な授業です。見る人の視点に立って考える経験をして、自分の意見が相手に伝わりやすいよう常に考える習慣がつきました。

人文学部 コミュニケーション学科2年 安永 知加子 岐阜県 多治見北高等学校出身

安永 知加子

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ