学部・学科

人文学部 日本語日本文化学科

日本語日本文化学科

「世界の中の日本」という視野に立ち、日本語と日本文化を深く探究。
世界へ日本の情報を発信できる人材を育てます。

学びのポイント

3分野から自分の専門分野を選ぶ。
「日本語」「日本文学」「日本文化」の3分野に関する専門的な知識を養うカリキュラムを用意しています。それぞれの分野について、入門、講義、講読などの授業を設置しているため、3年次からは自分の専門分野を選び、演習の授業を通して学びを深めることができます。そして卒業研究へと進みます。
ゼミ制度で、一人ひとりの顔が見える指導。
一人ひとりの学生の顔が見えるきめ細かい指導をするために、指導教員制を採用しています。その実践としてゼミ制度を取り入れ、「基礎演習」(1年次)、「演習A」「演習B」(3年次)、「卒業研究」(4年次)を配置しています。
各領域の基礎科目を重視して、専門教育につなげる。
1・2年次は専門教育の基礎段階です。各専門領域に即して「日本語学入門」「日本文学入門」「日本文化史入門」「伝承文化入門」「民俗学入門」「宗教学入門」「日本語教育概論」「日本語学文献講読」「近現代文学講読」「古典文学講読」「日本文化文献講読」などの科目を配置しています。

日本語日本文化学科 研究室紹介

岡本研究室

CLOSE-UP 1岡本研究室

近世文学の研究を通じて、一生ものの調査能力を磨く。

江戸時代の日本各地に伝えられていた話を、井原西鶴が書物にまとめた『西鶴諸国ばなし』には、当時の日本の様子がよく表れている。近世の和歌や俳諧といった古典文学を専門とする岡本先生は、この作品を3年次のゼミのテキストとして使う。「読み進めるためには、学内外の図書館で、辞書や資料を調べることが必要です。それによって身につく調査能力が、ゼミを通じて最も獲得してほしい力。調査能力があれば、その先どのようなことに関心を持ったとしても、深く掘り下げられますから」。4年生の卒業研究では、各自が興味のあるテーマを調査して卒業論文にまとめるが、「同じテーマを扱った先輩が、後輩に調査の方法を伝授する場面も見られます」と笑顔を見せる。後輩に教えられるまでに成長した学生の姿は、先生の大きな喜びである。

岡本 聡 教授
岡本 聡 教授
ゼミはどんな雰囲気?
ゼミ室は基本的に開放していて、先輩と後輩が日頃から情報交換や会話を楽しんでいます。縦横を超越した新しい関係性が生まれていく様子を、私も興味深く見守っています。
越川研究室

CLOSE-UP 2越川研究室

現在の姿だけでなく、その裏に潜む歴史を見よう。

京都の繁華街は、江戸時代にはどんな様子だったのか――3年次のゼミでは、江戸時代に成立した京都の地誌『都名所図会』に描かれたまちの姿と、現在とを比較する。「身のまわりの景色や物事が、どのように移り変わり現在に至るのかを知ることが目的です」と越川先生。自身はアロエやおまじないなども利用されたという民間医療の歴史をテーマに研究するが、学生は「和ばさみの残存理由」など各自の関心に基づいたことをテーマに選ぶ。研究を通じて学び取ってほしいことは「何気なく過ごしている日常生活のあちこちに、実は歴史が息づいています。それに気づく目を養ってほしいのです」と言う。今だけを見るのではなく、変化の過程にまで考えを巡らせれば、豊かな時間を送れると同時に、まちや人の多様な背景を理解できるようにもなるはずだ。

越川 次郎 准教授
越川 次郎 准教授
ゼミはどんな雰囲気?
年に数回の懇親会で先輩・後輩の親睦を深めています。3年生のゼミ旅行に自主的に参加する4年生も。日頃は何ごとも学生同士が話し合って決める、学生主体の研究室です。

取得が期待される資格

  • ●中学校教諭一種免許状「国語」
  • ◆日本語教員
  • ●高等学校教諭一種免許状「国語」
  • ●学芸員
  • ●司書

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。◆は文部科学省設定のガイドラインに従い、日本語教員養成講座を設置する。希望者は申請手続きを行うことで、所定の単位修得後に日本語教員養成講座の修了証書が交付されます。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

文学から伝統楽器まで。
人とつながり、学びの世界が広がった。

伊藤 桃花さん

人文学部 日本語日本文化学科 2019年3月卒業

伊藤 桃花さん

愛知県 海翔高等学校出身

就職先株式会社三弘

オープンキャンパスでフレンドリーに話しかけてくださった先生の研究に興味を持ち、入学後すぐに研究室を訪れました。そこにはゼミ内外の学生がいて会話が弾み、いつしか通うように。文学や漫画の趣味が合う同級生に、レポートを添削してくれる先輩。中でも、人生の大先輩でもある大学院生からは、尺八に似た伝統楽器の一節切(ひとよぎり)を習うことができ、オープンキャンパスで大好きな「荒城の月」などの曲を一緒に披露しました。他の先生方との距離も近く、私が卒業研究テーマとする文学に関連のある本や論文を、日本文化を専門とする他ゼミの先生が貸してくださることも。魅力的な人たちと深くつながり、学びの世界が広がる中部大学は、私にとって最高の環境でした。

伊藤 桃花さん
音楽家でオカリナ奏者でもある先輩から習った、一節切。難しいだけに、いい音が鳴ると最高の気分です!

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ