学部・学科

人文学部 心理学科

心理学科

心理学の基礎から応用まで幅広く、深く追究。
複雑な現代社会で人間を深く理解し、力強く生き抜く人材を育成します。

心理学を学ぶということは、人と人との相互理解を学ぶということです。いま私たちが生きているこの社会には、いじめや非行、ストレス、虐待、PTSDなど、相互理解の不足を原因とする問題があふれています。だからこそ、もっと多面的に心理学を学ぶ必要があるのです。心理学科では、まず心理学の基礎を徹底的に学びます。その上で各専門分野を深く追究していきます。将来、本当に自分が取り組むべきテーマを見つけた時、ここで学んだ知識のバックボーンが必ず強い武器になるはずです。

学びの特長

広範な心理学領域の「基礎」から「応用」までを徹底修得。
充実した設備で「体験」を重視したカリキュラム。
多様な「資格」「進路」をバックアップ。

取得が期待される資格

  • ●中学校教諭一種免許状「社会」
  • ●認定心理士
  • ●高等学校教諭一種免許状「公民」
  • ●司書

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 


先輩の声を聞いてみよう

心理学の幅広い領域の学びには、
社会で役立つ知識が満載。

たとえば「社会心理学」では、相手に好意を持たれる要因や説得の手法を、人の行動の法則性に基づいて学びました。心のメカニズムを理解した対応によって深い信頼関係を築く方法は、社会に出てから存分に生かしたい知識です。

人文学部 心理学科4年 飯野 翔生 愛知県 名古屋経済大学市邨高等学校出身

飯野 翔生

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ