学部・学科

生命健康科学部 保健看護学科

保健看護学科

総合大学のメリットを生かし、保健・医療・福祉チームにおいて、国際社会の動向を見据えたグローバルな視野で活躍できる「看護師」「保健師※1」「養護教諭※2」をめざします。

※1 「保健師」は、入学後、所定の単位を修めた学生(人数制限あり)のみ
※2 「養護教諭」は、入学後、所定の単位を修めた学生(人数制限あり)のみ卒業により取得可能

合格率 受験者955名/合格者912名

これからの「看護師」や「保健師」には従来にない新しい役割が求められています。病院や施設の枠を超え、地域社会との連携の中で患者さんやその家族を支えていくという役割はその一つですが、保健看護学科ではそうした新たな役割を担う「看護師」および「保健師」を育てるべく、新しい"学び"とそれにふさわしい"環境"を用意しています。また本学は、養護教諭一種免許状が取得できる大学です。

学びの特長

21世紀型医療に対応した充実の実習・演習。
海外の保健医療システム、文化的背景の異なる看護について学ぶ看護海外研修プログラムの実施。
(人数制限あり。修了者は看護海外セミナーの単位取得可能。)
看護実習センターが拠点となり、県内全域にわたる実習施設を確保・調査することで効果的な実習が可能。

取得が期待される資格

  • ○看護師
    (国家試験受験資格)
  • ○保健師
    (入学後所定の単位を修めた学生のみ国家試験の受験が可能)
  • ●養護教諭一種免許状※
    (入学後所定の単位を修めた学生のみ取得可)
  • ●養護教諭二種免許状
    (保健師免許を取得した者で所定の単位を修めた学生のみ取得可)
  • ●第一種衛生管理者
    (保健師免許取得後、自己申請により取得可)

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 ○は受験資格の取得が可能なもの。

※2018年4月、再課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。


先輩の声を聞いてみよう

疑似体験で興味を持った高齢者看護。
ゼミでさらに探究しました。

『老年看護学』では、手足に重りをつけて歩くなど、高齢者の視点を体験。加齢に伴う身体的・心理的変化を理解し、一人ひとり異なる状況を踏まえたケアの大切さを学びました。ゼミの研究で、この分野の学びをもっと深めました。

生命健康科学部 保健看護学科 2015年3月卒業 池田 珠梨
愛知県 愛知教育大学附属高等学校出身

池田 珠梨

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ