学部・学科

生命健康科学部 理学療法学科

理学療法学科

運動に関わるすべての身体機能を改善させる障害予防、障害後のリハビリテーション、健康増進の医療専門職を育成します。

合格率 受験者201名/合格者188名

理学療法士は、身体のさまざまな障害を正しく評価し、運動指導や物理的刺激を用いてその改善を図る医学的リハビリテーションの専門職です。また、障害のある人がより快適に暮らせるよう生活環境を提案したり、疾病予防・健康増進の指導をすることも理学療法士の役割です。超高齢社会の到来を目前にして、もっとも注目される医療人と言えるでしょう。理学療法学科は、6つの学科を有する生命健康科学部に共通の理念である生命と健康への正しい理解、および予防の視点を身につけた理学療法士を養成します。

学びの特長

医学と医療の全体像を理解し、チーム医療に参加する理学療法士を養成。
高齢者の健康増進を理解し、予防のための理学療法を実践する力を身につける。
急増するスポーツ障害に対応するため、理学療法による予防と治療を学ぶ。

取得が期待される資格

  • ○理学療法士(国家試験受験資格)

○は受験資格の取得が可能なもの。


先輩の声を聞いてみよう

患者さんの視点を体験して知った、
理学療法士として大切な力。

学生同士ペアで患者役と理学療法士役となって実践する講義や、自分の下肢に合った義肢を製作し装着する演習。体験する学びを通じて、患者さんの気持ちになって考えることや、理学療法士として伝える力の大切さを実感しています。

生命健康科学部 理学療法学科 2018年3月卒業 小嶋 菜都子 岐阜県 加茂高等学校出身

小嶋 菜都子

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ