就職・進学

就職決定者の声1 東海旅客鉄道株式会社

木下 真緒

工学部
都市建設工学科 2018年3月卒業
木下 真緒

リニア中央新幹線の建設業務に携わりたいと思い、内定先が第1志望でした。就職活動の準備では自己分析に一番力を入れ、エントリーシートは時間をかけて納得のいくものに仕上げました。キャリア支援課の方や学科の先生の意見をしっかり聞いたことも良かったと思います。準備がしっかりできたため、内定を得られる自信がありました。一番大切なのは、志望理由とその会社でやりたいことを明確にすることです。

就職決定者の声2 清水建設株式会社

安江 弘樹

工学部
建築学科 2018年3月卒業
安江 弘樹

エントリーシートの内容は面接でも聞かれるため、等身大の自分を表現することが大切で、長所や短所を含め自分をよく理解しておく必要があります。面接ではハキハキと印象良く受け答えするよう心掛けました。また、リクルーターの方とのお話でも仕事への理解を問われたため、的確に答えられました。自分の目標を見つけるために3年次にインターンシップに参加するなど、早めの行動をおすすめします。

就職決定者の声3 トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

五十嵐 明日香

工学部
ロボット理工学科 2018年3月卒業
五十嵐 明日香

内定が得られたのは、努力する姿勢を見せることができたからだと思います。プログラミングや回路は得意な方ではありませんが、面接で話題になった時に、どんなことでも努力できることを伝えました。自分をよく見せようと偽らないことが大切です。また、キャリア支援課が開催する就職活動用のメイク講座に参加しました。やはり見た目の印象は大切ですのでとても役立ちました。

就職決定者の声4 株式会社長野銀行

武居 翔平

経営情報学部
経営会計学科※1 2018年3月卒業
武居 翔平

地元長野県へのUターン就職を希望し、長野県で開かれる合同説明会に積極的に参加しました。業界は1つに絞らず、いろいろ考えましたが、金融機関はお客様との距離が近く、内定先は地域貢献にとても力を入れているため志望しました。選考段階では簿記の資格を保有していることをアピールでき、自分が大学生活でがんばってきたことを熱意を持って伝えられたことが評価していただけたのだと思います。

就職決定者の声5 株式会社エイチ・アイ・エス

中野 弥生

国際関係学部
国際関係学科※2 2018年3月卒業
中野 弥生

旅行が好きで、海外でも働くチャンスがあるところを希望していたので、海外店舗を多数持ち、海外商品に力を入れている内定先を志望しました。面接の前には、業界に関するニュースや為替レートをチェックしてから行くようにしていました。また、旅先で知り合った旅行会社勤務の方に業界の話を聞いて就職活動の参考にしました。希望する業界があれば諦めずに一貫して活動すると良いと思います。

就職決定者の声6 名古屋鉄道株式会社

生駒 衡平

人文学部
日本語日本文化学科 2018年3月卒業
生駒 衡平

狭き門であった鉄道運輸職での採用が決まり、小さい頃からの夢であった運転士に一歩近づきました。内定先は大きな異動もなく、安定している企業であることが良かったです。就職活動に当たっては、多い時は週に1回キャリア支援課に通い、エントリーシートの添削、面接の練習をしていただきました。軽音楽部部長として、また中部大学音楽祭の実行委員長としての経験から得たことをアピールしました。

就職決定者の声7 オーエスジー株式会社

飯野 翔生

人文学部
心理学科 2018年3月卒業
飯野 翔生

就職活動の準備は早めに取り掛かることが大事です。自信を持って選考に臨めるよう、エントリーシートの記入、面接対策をしっかりしておくと安心です。内定先は学内企業説明会で知りました。その後、個別の説明会で社員の方とお話しをして、活気あふれた社風にひかれました。面接では特技のダンスに話がおよび、実際に披露しました。自分らしさがアピールできて良かったと思います。

就職決定者の声8 山崎製パン株式会社

佐藤 汐莉

応用生物学部
応用生物化学科 2018年3月卒業
佐藤 汐莉

面接では笑顔を心掛け、質問に対して自分の思っていることを率直に話しました。リラックスして自分らしく話ができたことが良かったと思います。また、企業研究にも力を入れました。生産技術職での応募だったため、商品の名前や味なども実際に確かめました。私が受験した企業はどこもグループディスカッションがありました。普段からいろいろな人と話をしておくと良いと思います。

就職決定者の声9 トヨタ生活協同組合(管理栄養士)

長田 歌穂

応用生物学部
食品栄養科学科 管理栄養科学専攻 2018年3月卒業
長田 歌穂

内定先の就職活動イベントに何度も足を運び、自分の本気度を示したことが成功のポイントだったと思います。人事の方に顔を覚えていただけました。失敗談は、一度面接の時間を間違えて遅刻したことがありました。とても焦りましたが、企業の方にすぐ連絡をとって謝罪し、面接していただくことができました。面接では笑顔を絶やさず、常に姿勢を意識し、はっきりと自信をもって話すよう心掛けました。

就職決定者の声10 名古屋大学医学部附属病院(看護師)

岩田 千里

生命健康科学部
保健看護学科 2018年3月卒業
岩田 千里

内定先は実習でお世話になった病院で、看護理念が私のめざす看護師像と一致したため志望しました。「なぜ看護師をめざそうと思ったのか」という根本に立ち返り、どのような人・看護師になりたいかを具体的にすることが大切です。学科の先輩が残してくださった面接の記録も役立ちました。中部大学は附属病院を持たないことがメリット。多くの病院で実習を経験して、自分に合った病院を見つけてください。

就職決定者の声11
社会福祉法人恩賜財団済生会支部愛知県済生会 愛知県青い鳥医療療育センター(作業療法士)

五島 加奈子

生命健康科学部
作業療法学科 2018年3月卒業
五島 加奈子

内定先は第一志望で、発達障害や重症心身障害者のための病院・福祉施設です。見学の際に、病院理念や方針などを伺って自分のめざす作業療法と一致し、また患者さんが楽しそうに治療を受けられていたため、ここに就職したいと強く思いました。緊張しやすいので、自分の思いをきちんと伝えられるようキャリア支援課で面接の練習をしました。実習の1か月後に就職試験だったので、筆記試験対策が大変でした。

就職決定者の声12 大垣市職員(保育士)

髙井 恵里

現代教育学部
幼児教育学科 2018年3月卒業
髙井 恵里

地元である大垣市に恩返ししたいと思い、就職先を決めました。公務員試験の勉強は3年生の秋から始め、集中して取り組めるよう息抜きもしながら進めました。過去問題を解いて出題傾向をつかみ、またピアノの実技や面接は学科の先生に何度も指導していただきました。その結果、当日は自信を持って笑顔で臨むことができました。早い時期から少しずつ積み重ねることが大切だと思います。

就職決定者の声13 岐阜県教育委員会(小学校教諭)

長屋 知里

現代教育学部
現代教育学科 2018年3月卒業
長屋 知里

小さい頃から先生になることが夢でした。情報収集は熱心に行い、岐阜県の教員採用試験を受験した先輩や高校の先輩で岐阜県の教員になった方から話を伺いました。教職教養試験、一般教養試験、専門教養試験と勉強内容は多いため、日々の積み重ねが大事です。また、本をたくさん読んだり、さまざまな場所へ出掛けたりして人間力を高めておくことも、教員になるには大事だと思います。

※1 2016年4月、経営情報学科、経営学科、経営会計学科を統合し、経営総合学科を開設。

※2 2016年4月、国際関係学科、国際文化学科、中国語中国関係学科を統合し、国際学科を開設。

活躍する卒業生

ページの先頭へ ページの先頭へ