就職・進学

キャリア支援プログラム

入学直後から卒業まで、4年間を通じたキャリア開発を支援。

中部大学では、就職を教育の一環ととらえています。3・4年生への就職活動を支援することはもちろんですが、1年生へ初年次教育「スタートアップセミナー」・キャリア教育科目「自己開拓」を全学一斉導入。2年生へは、全学共通教育科目「社会人基礎知識」を実施します。職業を通じた人生設計までを含めた、総合的な指導・支援を行っています。

キャリア支援課

キャリア支援課

1年生

初年次教育「スタートアップセミナー」

初年次教育「スタートアップセミナー」

ビジョンを持つ

自分は何に興味を持っているのか、将来は何をしたいのか、少しずつ考えていきましょう。将来のビジョンを描ければ、今何をすべきかが見えてくるはず。幅広い教養を身につける、心から理解しあえる友達をつくる、クラブ活動やボランティア活動に参加する...それらが社会から求められる人材への第一歩となります。

2年生

キャリア形成支援プログラム

キャリア形成支援プログラム

キャリアをデザインする

キャリア支援課では、各種セミナーを実施しています。これらを参考にしてキャリアデザインを描いてください。キャリアデザインとは、社会に出て働くことを中心にして自分の生き方を考えること。そしてめざす進路にはどんな能力が求められるのか、どうすればその能力を身につけられるかを考え、専門科目を定めたり、資格取得や留学の準備を進めていきましょう。

3年生

スキルを身につける

企業が求める人材は、積極的に自分を高めていこうという意欲のある学生。3年生になったら、「問題発見能力」「企画・提案能力」「行動力」「コミュニケーション能力」「熱意」など、あらゆる面でのスキルアップを意識しましょう。また、業界研究に早めに着手し、自分の価値観に基づいた企業を選定していきましょう。キャリア支援課開講の各種就職対策講座もぜひ利用してみてください。

インターンシップA

インターンシップA

就カツ手帳を3年生全員に配付就カツ手帳を3年生全員に配付

4年生

学内企業説明会

学内企業説明会

積極的に活動する

就職活動において大切なのは、改めて自分をじっくり見つめ直すこと。そして自分を必要とする企業を「選ぶ」のではなく「探す」ことです。昔から「就職は足で稼げ」といわれます。それは現代でも同じこと。できる限り多くの企業の人と会って話をし、自分を知ってもらう。積極的に動くことが内定への近道です。

ページの先頭へ ページの先頭へ