FAQ

学生生活に関すること

中部大学で、市民にも開放して開いているというコンサートのチラシを見たことがあります。どんなものなのでしょう?

キャンパス内の三浦幸平メモリアルホールで、定期的にクラシックコンサートを開いています。地域の人たちにも呼びかけ、自由に聞きに来ていただいています。中部大学では「開かれた大学」をめざし、この他にも、さまざまな施設を一般に開放しています。

地方出身者ですが、大学卒業後、Uターン就職の世話をしてもらえますか?

就職については、キャリア支援課がきめ細かい対応をしています。正規の求人斡旋の他、中部大学にも、全国に広がる同窓会組織があります。Uターン就職についても、さまざまなアプローチができると思います。

中部大学はもともとは工業系の大学だったそうですから、男子が圧倒的に多いのではないですか?女の子は肩身が狭くないですか?

生命健康科学部と現代教育学部は女子学生が5割です。国際関係学部と応用生物学部の男女比は6:4、人文学部は7:3、経営情報学部と工学部は9:1ですが、このところ女子学生が増えています。だから、肩身が狭いなんて、とんでもない。場合によっては、女性の力の方が強いことも多いです。

昼ご飯は、みんなどこで食べるのでしょうか?

学外の店へ食べに行く人、パンを買う人、お弁当を持ってきている人などもいますが、圧倒的に多いのは、学生食堂の利用者。安くておいしいメニューが用意されています。

学生寮の収容人数や寮費のことを教えてください。また、下宿などの斡旋については、どの部署が管轄ですか?

学生寮は、そんなに数多くありませんが、地元の方などの協力で、部屋代が安くて良質なアパート、賃貸マンションなどを確保しています。学生支援課に相談してください。

休み時間、学生のみなさんは、どんなことをしているのでしょうか?

授業が早く終わったり、空き時間ができた時などは、やはり、友だちとわいわい話していることが、いちばん多いようです。

奨学金制度はありますか?

日本学生支援機構の奨学金制度のほか、中部大学独自の奨学金制度が何種類かあります。詳しくは奨学金のページをご覧ください。

授業に必要な本や文房具などはどこで買ったらいいのでしょう?

キャンパスプラザ内に書店があります。また書店だけでなく、旅行代理店や郵便局、コンビニエンスストアなどもありますから、学生生活に必要なものは、たいてい、学内で揃います。

マイカー通学はできますか?学生駐車場の規模は?

一定の条件を満たせば、車での通学がOKです。約1100台収容の学生用駐車場があります。

学外に、研修施設や合宿所などはありますか?

岐阜県の恵那市と、新穂高に研修施設があり、ゼミやクラブ活動などで、自由に利用できます。

大学生になったら、「バイト」をしたいと思っています。中部大学では、アルバイトをしている学生は、多いですか?また、アルバイトは、大学で斡旋してもらえるんですか?

ほとんどの学生が、アルバイトをしているか、また、なんらかのアルバイトの経験があると言ってもいいでしょう。アルバイトで実社会に触れることも、学生生活を充実したものにする重要な要素だと言えます。中部大学の学生支援課では、雇い主から出された募集を審査した上で、アルバイトの斡旋をしています。しかし、実際には、学科やクラブの先輩から紹介されるとか、先輩がやめたあとを引き継ぐというケースが多いようです。

中部大学は音楽サークルが盛んだと先輩から聞きましたが……

クラシック、声楽からロックバンドまで、数多くのクラブがあります。その他にも、美術やさまざまな研究会など、文化系クラブも大変盛んです。

クラブ活動をしたいのですが、勉強についていけますか?それから、体育系クラブへの入部は特技推薦試験の合格者に限定されますか?

もちろん、体育系クラブは、競技会前などハードな練習をすることもありますが、そうした大会は、夏休みなどに集中していますから、日常的に勉強にさしつかえるということはあまりないと思います。また、特技推薦試験の合格者を多く受け入れているクラブでも、一般学生の入部を受け付けていますので、好きなスポーツを思う存分楽しんでください。

中部大学の大学祭は、どんな様子なのでしょう。なにか特別なイベントなどはありますか?

どちらかというとクラブ中心のイベントが多いのが、中部大学の大学祭の特徴。有名な歌手のコンサートやお笑いライブなども開かれますが、学内がいちばん盛り上がるのは、「8時間自転車耐久レース」です。

大学は、高校にくらべ休みが長いという印象がありますが、1年の授業日数はどのくらいなのでしょうか?

たしかに、高校時代にくらべ、夏休みなどは長くなります。しかし、選択するかどうかは別にして、1日に設定されている授業の枠は高校よりずっと多く、また、休み中も、独自に大学に出て研究などをしている学生もたくさんいます。要するに、大学生活は、高校までと違って、自主性が要求されるということです。一年一年を充実したものにするかどうかは、なによりあなた次第なのです。

ページの先頭へ ページの先頭へ