2018年4月、
工学部は
新・8学科体制に。

社会が変われば、必要な人材も変わります。
地域や企業からのニーズに応えるため、工学部を一新します。
新しい学びをプラスし、学びのカタチを変える。
求められる人材像に必要な学ぶ環境を企業から直接ヒアリングして設置するため、
卒業生の活躍により大きな期待を寄せられる学科体制へと進化します。

  • 宇宙航空理工学科
    定員80名

    「宇宙に憧れる」「航空機が好き」その思いを技術に変える。宇宙航空産業の集積地で体験しながら学ぶ環境をそろえ、モノづくり現場の未来をけん引する人を育成します。

    宇宙航空理工学科
    ©JAXA

    この学科を詳しく見る

  • 電気電子システム工学科
    電気システム工学科+電子情報工学科 定員160名

    "スマートな社会"を実現する"次世代製品"を生み出すため、企業の要請に応えて学びのカタチと環境を一新!新しい発想や価値を創造できる次世代の技術育成します。

    電気電子システム工学科

    この学科を詳しく見る

※上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。

宇宙航空産業の集積地で、モノづくりリーダーをめざす

宇宙航空理工学科

2018年4月開設

宇宙機・航空機の生産現場のリーダーとして
グローバルに活躍できる技術者を育成。

中部圏には宇宙航空産業の企業が集結しており、
2011年から国際戦略総合特別区域“アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区”に指定されています。
今後ますます宇宙機・航空機の生産に携わる人材へのニーズが高まることでしょう。
そこで産業界からの期待を受け、宇宙航空理工学科を新設。
将来の宇宙機・航空機の生産現場のリーダーとしてグローバルに活躍できる技術者を育成します。

魅力ある学び

宇宙航空産業が集まる立地だからこその、現場に触れる学びを豊富に用意。

宇宙航空産業の集積地という利点を最大限に生かし、産業界と深く関わりながら実習や講義を行います。

期待される将来像

新しい宇宙機・航空機を誕生させる最前線で活躍するリーダーに。

多彩な種類の宇宙機や航空機の製造現場、エンジンや胴体・翼をはじめとするさまざまな機体部品やソフトウェアなど、
高い精度や耐久性を追求したレベルの高いモノづくりに挑む部品メーカー、
さらには衛星からの収集データを活用するリモートセンシングなどのシステム開発現場など、
期待される進路は多種多様です。機械・電気・電子・情報の複合的な知識と英語力は、宇宙航空産業以外のモノづくりでも幅広く生かすことができます。

宇宙航空理工学科リーフレットをダウンロード(PDF形式:約1,574KB)

電気+電子の"システム"で、これからの世の中を動かす

電気電子システム工学科

2018年4月、既存の学科を統合し、開設

"スマートな社会"実現のためのモノづくりを担う、
次世代の技術者を育成。

私たちの便利な暮らしは、電気・電子・情報技術を組み合わせてモノを動かす“システム”に支えられています。
半導体デバイスの革新とともに進化してきた電気自動車、スマートグリッド化が進む電力網がその例です。
こうした世の中の動きに応えられる次世代の技術者を育成するため、
電気システム工学科と電子情報工学科を統合し、新たに電気電子システム工学科を設置します。

魅力ある学び

電気系と電子系、2つの履修モデルを軸に、欲張りな学びが実現。

2つの履修モデルのうち一方に軸足を置き、もう一方の分野からも興味に応じて学びをプラスできます。

期待される将来像

あらゆるモノづくりの第一線で、新しい発想や価値を創造できる技術者に。

自動車や電力網の例のほか、最近では身のまわりの家電製品や工場の最新製造ラインで使われる機械・ロボット、自動運転による新交通システムなど、
あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の動きが加速しています。
自動車、航空、産業用ロボットや家電といった電気、電力を使用する設備関連、半導体デバイスなど、
あらゆるモノづくりの分野で、新しい発想や価値を創造しスマートな社会を実現するシステムの技術者が必要とされています。

電気電子システム工学科リーフレットをダウンロード(PDF形式:約3,205KB)