キャンパスライフ

年間カレンダー

年間カレンダー

 年間行事

MAIN EVENT 1

全学学科対抗スポーツ大会

学科の仲間と総合優勝をかけて楽しく汗を流す日。

全天候型グラウンドで行う毎年恒例のイベントです。全学科全学年の学生と教員が参加し、学科対抗で競います。競技は、男子リレー、女子リレー、長縄跳び、Tug of War sport(綱引き)、アジャタ競技(玉入れ)、輪投げの6種目。毎年、競技別の順位争いはもちろん、総合優勝をかけて熱戦を繰り広げ、仲間の絆が深まる日になります。大会の模様はインターネットで生中継します。

全学学科対抗スポーツ大会

MAIN EVENT 2

フレッシュマンキャンプ

みんなの笑顔、心に残る感動の4日間!!

中部大学創設当時から続く伝統の行事です。新入生を対象に3泊4日で行われるもので、新穂高山荘に宿泊して、普段の生活ではできないさまざまな体験を大自然の中で楽しみます。山登り、穂高なべ作り、キャンプファイヤー等を通じて、最高の夏の思い出を仲間と一緒に作りましょう。他学部・他学科の新入生とも仲良くなるチャンスです。ぜひあなたも参加してみてください。

フレッシュマンキャンプ

MAIN EVENT 3

大学祭

あなたの知らない中部大学、きっと出会えます。

大学祭は「学生が主体」となって創りあげる一大イベントです。名物企画の「8時間自転車耐久レース」を始め、各学科の研究発表展やクラブ・サークルの体験イベント等、工夫をこらした企画が盛りだくさん。もちろん、模擬店も気合十分で、世界各国の多彩な料理は見て・食べて楽しめるものばかりです。学生の熱気で包まれた広いキャンパスで新しい自分を発見してみませんか?

大学祭

MAIN EVENT 4

中部大学音楽祭

一年の練習の成果を定期演奏会で存分に発揮。

2003年までは併設校との合同で行われてきましたが、2004年からは中部大学音楽祭チャリティコンサートとして開催されています。管弦楽団、シンフォニックバンド、軽音楽部、混声合唱団、マンドリンクラブといった中部大学の音楽系クラブが次々と登場。日頃の猛練習の成果を華麗に披露します。

中部大学音楽祭

 年間スケジュール

4月 ●入学式
●春学期授業開始
●新入生オリエンテーション
(新入生恵那研修)
年間スケジュール
5月 ●ナイトウォーク
●キャンパスコンサート
6月 ●創立者記念日
●全学学科対抗スポーツ大会
7月  
8月 ●春学期期末試験
●夏季休業
●フレッシュマンキャンプ
(1年生・新穂高山荘)
9月 ●秋学期オリエンテーション
●秋学期授業開始
10月  
11月 ●大学祭
●開学記念日
●バドミントン大会
12月 ●学園創立記念日
●中部大学音楽祭
●冬季休業
1月 ●成人を祝う会
2月 ●秋学期期末試験
●スキー・スノーボードキャンプ
(北志賀高原)
3月 ●春季休業
●学位記授与式
4月 ●入学式
●春学期授業開始
●新入生オリエンテーション
(新入生恵那研修)
5月 ●ナイトウォーク
●キャンパスコンサート
6月 ●創立者記念日
●全学学科対抗スポーツ大会
7月  
8月 ●春学期期末試験
●夏季休業
●フレッシュマンキャンプ
(1年生・新穂高山荘)
9月 ●秋学期オリエンテーション
●秋学期授業開始
10月  
11月 ●大学祭
●開学記念日
●バドミントン大会
12月 ●学園創立記念日
●中部大学音楽祭
●冬季休業
1月 ●成人を祝う会
2月 ●秋学期期末試験
●スキー・スノーボードキャンプ
(北志賀高原)
3月 ●春季休業
●学位記授与式
年間スケジュール

 様々な活動

中部大学ボランティア・NPOセンター

「不言実行、あてになる人間」をめざし、仲間たちと日々研鑚。

2004年9月、学生によるボランティア活動団体としてスタートし、現在400名を超える学生が所属し、6つのプロジェクトに分かれて活動しています。2014年度には設立10周年を迎えました。イベントの企画立案から運営・評価・改善に加え、センターのマネジメントまで、すべて学生主体の運営委員会によって行われています。

6つのプロジェクト
●災害対策プロジェクト
●国際理解プロジェクト
●社会福祉プロジェクト
●環境対策プロジェクト
●社会教育プロジェクト
●地域貢献プロジェクト

社会教育プロジェクトに参加

子どもたちのソーシャルスキルを伸ばすため、生きた経験を!

1泊2日の「子ども自然体験キャンプ」を行いました。外遊びの機会が少ない子どもたちが、異年齢間交流を通してコミュニケーション力や物事の判断力を養うことが目的です。そのため参加者は私たち学生と子どもたちのみ。先生や保護者もいないため、子どもたちとの関わり方勉強会や危機予知トレーニングを事前に行いました。野外炊事やキャンプファイヤー、フィールド散策を通して子どもたちとふれあい、多くのことを学び、発見できた2日間。今年は3年目の参加になるため、広い視野を持って後輩にも手を差し伸べながら活動に向き合いたいと思います。

応用生物学部 環境生物科学科3年
野中 怜奈
愛知県 中村高等学校出身

野中怜奈さん(写真左)・伊藤宏成さん(写真右、工学部 機械工学科3年/岐阜県 大垣工業高校出身)

野中怜奈さん(写真左)・伊藤宏成さん(写真右、工学部 機械工学科3年/岐阜県 大垣工業高校出身)

チャレンジ・サイト CHALLENGE SITE

学部・学科の枠を超えて、新しい世界にチャレンジ!

学部・学科の枠を超えて目的を持って意欲的にチャレンジする学生を支援するものです。学生が主体となってプロジェクトを企画・実行し、教職員がアドバイザーとしてサポートを行います。2006年度から数多くのプロジェクトが進められ実績を上げています。

2017年度に挑戦した主なプログラム
  • 電気カートの製作およびEVフェスティバルでの入賞
  • 中部大学民族資料博物館近藤コレクションから世界に繋ぐ国際ファッションショー
  • 愛岐トンネル群保存再生プロジェクト
  • 学生主体によるエネルギー分野の標準化教育
  • ヨーグルトと乳酸菌の不思議に挑戦する!!
  • 愛知県の魚が教えてくれる「かわった」を探そう
  • つなごう絆の輪! サード! -中部大生による高齢者との交流活動- 他多数

つなごう絆の輪! サード! に参加

高齢者と一緒に楽しく盛り上がれる企画を実施しています。

高齢者の孤立傾向の予防を目的に、2週間に1度、近隣在住の高齢者と交流を重ねるプログラムです。印象深いのは、10月の「おてだま運動会」で、手作りビンゴを行ったとき。お題に対する単語を考えて書き入れるので、脳の活性化につながり、物忘れ防止や認知症の予防につながります。幅広い年代で楽しめるゲームなので、高齢者のみなさんもとても楽しんでくださって盛り上がり、もっと人数が増えればさらに楽しい活動になるなと手応えを感じられました。高齢者との関わり方を実践的に学ぶことができたので、看護師となってからも生かしたいと思います。

生命健康科学部 保健看護学科3年
水野 紗也子
愛知県 愛知工業大学名電高等学校出身

▲水野紗也子さん(写真右)・田端優希奈さん(写真左、生命健康科学部 保健看護学科3年/愛知県 中部大学第一高校出身)

▲水野紗也子さん(写真右)・田端優希奈さん(写真左、生命健康科学部 保健看護学科3年/愛知県 中部大学第一高校出身)

ページの先頭へ ページの先頭へ