学部・学科

工学部 宇宙航空理工学科

宇宙航空理工学科

飛び出そう、中部のそらから世界のそらへ。
宇宙航空産業の一大集積地・中部地区で、
ものづくりの現場にふれながら、幅広い力を培います。

学びのポイント

宇宙航空産業の集積地で、ものづくりリーダーをめざす。
自動車産業が盛んな中部地区は、日本を代表する宇宙航空産業の集積地でもあります。機体生産や新材料の開発・製造を手がける大手メーカー、高度な品質要求に応える部品加工技術を有する中小企業が多数存在。開発や設計に加え、より高品質で効率的なものづくりができるリーダーが求められています。
ものづくりの現場にふれながら、幅広い力を培う。
中部地区の産業界と強い連携があるため、2年次から宇宙機・航空機のものづくりの現場を体験し、第一線で活躍する技術者から学ぶことができます。「工場見学」や「工場実習」のほか、現場の第一線で活躍する技術者の方々を招いて「特別講義」を開くなど、ここでしか得られない情報にふれる機会が豊富です。
即戦力として活躍できるよう、現場と同様の施設・設備で学ぶ。
現場と同様の施設・設備で学ぶ環境を用意します。コンピュータ教育施設には、宇宙航空業界および自動車業界の標準ツールである3次元CAD"CATIA"や数値解析ソフト"MATLAB"を全学生数分導入。そのほか、本格的な実験や研究が可能な施設・設備を随時導入していく予定です。

宇宙航空理工学科 研究室紹介

棚橋研究室

CLOSE-UP 1棚橋研究室

知識を積み重ね、「空飛ぶペンギン」を実現しよう。

「空飛ぶペンギン」は、棚橋先生の研究テーマの一つだ。正式には「水空両用固定翼無人航空機」と言う。近年普及している回転翼のドローンは、プロペラを常に回転させなければ空中に浮かぶ状態を保てないが、「固定翼の揚力を生かせば消費電力を抑えて飛行時間を延ばせるため、被災地の物資輸送や海洋河川調査といった長時間・長距離運用にも有利です」。1期生が卒業研究に取り組むようになったら、斬新な発想を生かして課題の解決に粘り強く挑んでもらい、空飛ぶペンギンを一緒に実現したいと期待する。ただしそれには、幅広い分野の専門知識を地道に積み重ねる必要がある。「力学など基礎的な理論の講義では、航空宇宙業界での応用例も紹介します。目の前に提示される知識の一つひとつに深い関心を持ち、意義を感じながら学んでもらいたいと思います」。

棚橋 美治 教授
棚橋 美治 教授
ゼミはどんな雰囲気?
新設学科ということもあり、教員も一丸となって積極的に学生とのコミュニケーションを深めようとしています。工学部の中では女子学生の割合も多く、和やかな雰囲気です。
海老沼研究室

CLOSE-UP 2海老沼研究室

飛行機の製作に、衛星開発。学びたい意欲を応援!

机の上には実際に人が乗って飛べる「初級滑走機」の一部。文部科学省の宇宙航空人材育成プログラムで、学生たちはこの飛行機を製作して飛ばす体験ができる。その際に興味を持った分野に応じて、「操縦システムの電動化」や、「軽量化を実現する材料開発」などを卒業研究のテーマにすることも可能だ。「授業で学べることは限られています。このプログラムをはじめとした自発的な活動の中で、より多くを学んでほしい」と言う指導担当の海老沼先生は、航空機に関心を持って宇宙航空分野へ進み、人工衛星のナビゲーションシステムの専門家となった人物。現在もJAXAの衛星に搭載するGPS受信機を開発している。「私が関わる宇宙開発の現場に、学生が参加するチャンスも提供していきたい。自分のやりたいことのために、教員を利用するくらいのつもりで来てください」。

海老沼 拓史 准教授
海老沼 拓史 准教授
ゼミはどんな雰囲気?
学生たちは、やる気がありチャレンジ精神旺盛。講義後には積極的に質問に来るほか、模擬衛星カンサットの開発や、火薬で飛ぶモデルロケットの製作に、チームで挑んでいます。

取得が期待される資格

  • ◎CATIA認定技術者
  • ◎航空無線通信士
  • ◎CAD利用技術者
  • ◎技術士・技術士補
  • ◎情報処理技術者
  • ◎高圧ガス製造保安責任者
  • ◎機械設計技術者
  • ◎火薬類取扱保安責任者
  • ◎航空特殊無線技士
  • ◎電気主任技術者(第3種)

◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

あれもこれも、欲張りに学んで、
いつか画期的な飛行機を世の中へ!

新納 巧巳さん

宇宙航空理工学科所有のグライダー

工学部 宇宙航空理工学科 2年

新納 巧巳さん

愛知県 安城東高等学校出身

宇宙航空を学べる新しい学科ができると知って興味を持ち、オープンキャンパスへ。体験授業で先生から聞いた、「飛行機は誕生以来、世界中の多くの人々の英知と勇気で進歩してきた。航空の将来を担うのは君たちだ!」という言葉に衝撃を受け、入学を決めました。機械から情報工学までの幅広い学びは、欲張りな私にはピッタリ。受け身ではなく知識をどんどん自分のものにする姿勢で、授業に臨んでいます。宇宙・航空関連企業の方々から体験談を聞ける「宇宙航空理工学概論」では、宇宙飛行士に質問するチャンスも。この先は、飛行機製作のプロジェクトにも参加したいし、新しく完成する実験棟で専門的な実験が始まるのも楽しみです。将来は、今までにない高速ジェット機の設計に携わるのが夢。やりたいことを挙げたら、きりがありません。

新納 巧巳さん
オープンキャンパスで高校生に学科を紹介。次は飛行の仕組みをもっとうまく説明したくて、勉強に力が入ります。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ