学部・学科

工学部 建築学科

建築学科

建築学の技術と理論を学び、建築デザインの感性を磨く――
経験主義が実践力を高めます。

JABEEマーク

建築は、強く、安全で、使いやすいことが求められます。そして同時に、デザインとしての美しさや、街並みとの調和も求められます。「機能性」と「文化性」を同時に学ぶ、あるいは建築を創るための「技術」と「芸術」、そして「社会」を学ぶ−−それが建築学の大きな特長です。そのため建築学科では、学んだ技術と理論を、技能的な経験(デザイン)によって統合することを重視し、国際的なJABEE認定(日本技術者教育認定機構)を得ました。学生の自主性を体験型の授業で引き出し、一人ひとりの個性を伸ばす。それが建築学科の教育目標です。

学びの特長

「人間」と「環境」を中心にすえる。
「経験主義」で学ぶ。
広い視野と「専門」を持つ。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「工業」※
  • ○二級建築士
  • ●商業施設士補
  • ○一級建築施工管理技士(3年以上)
  • ●技術士補(卒業後申請により取得)
  • ○建築設備士(2年以上)
  • ○一級建築士(2年以上)
  • ◎インテリアプランナー(2年以上) など

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。 ○は受験資格の取得が可能なもの。 ◎はその他、各学科・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの) ( )は実務経験年数。

※2018年4月、再課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。


先輩の声を聞いてみよう

親身な指導で、技術を向上。
貴重な体験で、感性を豊かに。

デザインの授業では先生が毎週アドバイスをくださるため、技術の向上を実感しています。考えを言葉や図面にして相手に伝えることの大切さも学びました。また海外建築研修で著名な建築家の作品にふれるなど、刺激的な体験もできます。

工学部 建築学科 2018年3月卒業 和田 央 愛知県 瑞陵高等学校出身

和田 央

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ