学部・学科

工学部 建築学科

建築学科

建築学の技術と理論を学び、建築デザインの感性を磨く――
経験主義が実践力を高めます。

学びのポイント

専門基礎教育を徹底し、応用力を育成する。
建築学がカバーする世界は広く、専門に特化するばかりでなく、幅広い基礎知識が必要です。そこで、専門基礎教養をマスターしたうえで得意な分野の応用力を磨いていくというシステムにしています。学んだ技術と理論を技能的な経験(デザイン)によって統合することを重視し、学生一人ひとりの個性を伸ばします。
建築の歴史を学んだうえで、クリエーターの資質を高める。
建築は、その時代、その社会、その街の顔。そしてすべてが受注生産であり、環境や用途など条件は異なります。歴史や風土、社会との関わりを理解し、先人の技術や業績を学ぶことに加え、一人ひとりがクリエーターとして、ものづくりの訓練をする必要があります。創作的な科目を1年次初めから開講して創造力を育てます。
実験・体験型教育や自主活動の支援により自発的な姿勢を身につける。
建築学は、自分の手と頭で考える経験工学です。実際に物に触れ、体験し、発見する実験科目や実習科目を多く開講し、みなさんが理解を深められるようにしています。さらに自発的な姿勢を応援。多くの先輩が、設計コンペやインターンシップ(就業体験研修)など自主活動を行って、一回り大きく成長しています。

建築学科 研究室紹介

中村研究室

CLOSE-UP 1中村研究室

"その社会にふさわしい建築"を創る力を身につける。

「有名建築家が創り出す斬新な建築デザインは、単なる才能や思いつきによるものではありません。建築物のデザインにはそれぞれ、社会的背景があるのです」。そう語る中村先生の専門は、近代以降の建築家が築いてきたデザイン理論の研究。例えば、近代建築の巨匠として知られるル・コルビュジエが提案してきたアイデアの中に、現代にも応用できる考え方があると言う。学生たちは、そのような理論を学んだうえで、現代社会を解釈し、社会全体がどうなっていくべきかを議論する。そして、住宅から公共施設まで、さまざまな規模や種類の建築の中から興味ある分野を選び、作品を創る。「身につけてほしいのは、現代社会にふさわしい建築を構想・デザインする力。建築に限らず歴史や哲学、社会学、文化人類学にまで視野を広げ、自分なりの世界観を獲得してください」。

中村 研一 教授
中村 研一 教授
ゼミはどんな雰囲気?
優れた建築物やその周辺環境との関係を実際に見て学ぶため、夏休みは全員で旅行。2018年は韓国・ソウルへ。4日間ほど一緒に行動する中で、チームワークも深まります。
横江研究室

CLOSE-UP 2横江研究室

省エネルギーと快適性を両立する空調・照明とは?

暑がりの人や冷房に弱い人など、温度の感じ方は人それぞれだ。「公共の建物では、省エネのため冷暖房温度の下限と上限を設けていますが、快適性や生産性は損なわれます。また一括管理の空調では、年齢による生理反応の差異が考慮されておらず、熱中症やヒートショックの懸念があります」と横江先生。空調・照明などの建築環境工学を専門とする先生の研究室の学生たちは、「高齢者の快適性に配慮した空調設計の提案」や、「エネルギー消費を抑えかつ目に優しい照明」といった研究テーマに取り組む。「CADやシミュレーション、実験データ解析の技術に加え、海外に進出する企業が多い建設業界で必要性の高まる英語力を磨く機会も設けています」。省エネルギーと快適性の両立をはじめとする、建築環境の多様な問題を解決する力を獲得してほしいと、先生は願っている。

横江 彩 講師
横江 彩 講師
ゼミはどんな雰囲気?
学部生と大学院生が、上下関係を気にせず相談しながら研究を進めています。私自身も、学生が要望や疑問点を気軽に言えるよう心掛けています。研究室全体がフランクな雰囲気です。

取得が期待される資格

  • ●高等学校教諭一種免許状「工業」
  • ○二級建築士
  • ●商業施設士補
  • ○一級建築施工管理技士(3年以上)
  • ●技術士補(卒業後申請により取得)
  • ○建築設備士(2年以上)
  • ○一級建築士
  • ◎インテリアプランナー など

●は所定の単位を修得後に資格の取得が可能なもの。○は受験資格の取得が可能なもの。◎はその他、各学部・学科に関連する資格(受験資格を要しないもの)。( )は実務経験年数。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

鋭い意見をもらうほど、
設計への意欲はたまらなく刺激される。

佐野 佑太さん

工学部 建築学科 2019年3月卒業

佐野 佑太さん

愛知県 高蔵寺高等学校出身

進学先中部大学大学院

設計事務所のインターンシップに、コンペや展覧会――自分でチャンスを見つけて参加し、誘われたら断らないと、入学時から決めていました。大切なのは、自分が何をするか。中部大学には周辺のどの大学にも負けない実績を持つ先生方がそろっているので、その環境を生かしたいと考えました。「愛知10大学共同企画展」では、実習で設計した作品が中部大学代表として選ばれました。通行する人の交流が生まれるよう、宙に浮くデザインとした集合住宅の模型を前に発表すると、他大学の先生方から鋭い質問やアドバイスが。もっとレベルの高いものにしたいという意欲と新しいアイデアが、どんどん湧いてきました。この経験を機に、今もそこで出会った他大学の学生と作品を見せ合うなど交流を続け、刺激を受けています。

佐野 佑太さん
学科の海外研修で東欧の建物を視察。世界遺産でもあるクロアチア・ドゥブロヴニクの街並みに感動しました。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ