学部・学科

生命健康科学部 作業療法学科

作業療法学科

身体機能から精神機能、そして子どもから大人まで。
すべての人が自分らしい生活を送るための支援を行う医療専門職を育てます。

学びのポイント

障がいと生活環境を科学的に理解し、多面的な支援を学ぶ。
作業療法学科では、身体障がい、精神障がい、発達障がいなど作業療法全領域を、現場での経験が豊富な専任教員が指導します。また疾病や障がいを理解したうえで、対象者が自宅や社会で適応していくために必要な能力を改善する訓練方法や環境調整方法など、多方面からの支援を学んでいきます。
すべての年齢層の障がいと生活を理解し、適切な作業療法を学ぶ。
作業療法の対象は、社会や生活に不自由している人、またそれが予測される人すべてです。つまり、小さな子どもから高齢者、男女問わず、あらゆる人が対象となります。病気や症状について学ぶだけでなく、その対象者が自分らしい生活を送れるよう支援するための知識と技術を身につけます。
総合大学の環境を生かして、高度な専門性と幅広い知識を。
基礎医学、臨床医学、看護学といった隣接領域の学習を、それぞれの分野を熟知した専任教員から学ぶことができます。また中部大学は、医学関係以外の学部・学科も同一キャンパスにある恵まれた環境であるため、作業療法の研究と実践に役立つ幅広い知識を身につけるチャンスが豊富です。

作業療法学科 研究室紹介

長谷川龍一研究室

CLOSE-UP 1長谷川龍一研究室

入念な準備こそが、有意義な研究データにつながる。

長谷川研究室では、地域の病院や社会福祉協議会と連携して、高齢者を対象に介護予防教室を開いている。作業療法士をめざす学生たちはそこで生きた経験とデータを得ることができる。長谷川先生は、このフィールド研究に臨むにあたり、学生たちに入念に準備をさせていると話す。「高齢者に何度も協力していただくことはできませんから。学生にはまず、文献を検索して情報を集め、データ収集の方法を立案してもらいます。その後、学生同士でシミュレーション練習を行い、細かな手順を修正します。実際に現場に出れば、治療や評価において準備がどれほど大切なことか実感できるはずです」。収集したデータは大学に持ち帰って分析し、結果について議論する。バラバラだったデータから結論を導き出せた時、学生たちの顔は輝く。

長谷川 龍一 教授
長谷川 龍一 教授
ゼミはどんな雰囲気?
研究に協力してくださる高齢者や、病院や施設の職員の方々と交流が多いため、オープンな雰囲気です。高齢者から励ましの言葉をいただく度に、学生は動機を高めているようです。
中川研究室

CLOSE-UP 2中川研究室

脳波の微細な動きを拾い、最適な作業療法につなげる。

見る、聞く、話す。私たちは日常生活で常に刺激を受けて反応し、行動している。さまざまな場面での脳波を測定し、人間の行動や認知のメカニズムを研究しているのが、中川研究室だ。「学生同士で脳波計を用いてデータを取っています。何かを見たり聞いたりした時、脳波はどう反応しているのか。人間の反応や行動を客観的に分析するのです。とはいえ、脳波には心の動きなど別の刺激も影響するので、意図しないノイズも混ざってしまうもの。私にもまだわからないことが多く、学生と一緒に解明をめざしているところです」。こうした実験からは、患者さんの状態を科学的に評価する視点を養うことができる。「まずは患者さんの言葉による訴えや目に見える状態を捉えること。それと科学的評価とを行き来して、最適な作業療法につなげたいですね」。

中川 与四郎 講師
中川 与四郎 講師
ゼミはどんな雰囲気?
あれもこれもやりたい、と好奇心旺盛な学生たちです。思考の焦点が定まると個人もしくは少人数グループで実験を進め、学生たちは主体的に連絡を取り合っています。

取得が期待される資格

  • ○作業療法士(国家試験受験資格)

○は受験資格の取得が可能なもの。
上記の記載内容は予定であり、変更する場合があります。


目標に向かう先輩たちの学び

体験から得た分析と知識が、
作業療法をより効果的にする。

洞戸 萌未さん

生命健康科学部 作業療法学科 2019年3月卒業

洞戸 萌未さん

岐阜県 郡上高等学校出身

就職先NPO法人 まちのエキスパネット こどもの発達てくてく

発達障がいがある子どもの作業療法を、学内の設備で実践できました。そこで使うのは、カラフルなボールプール、ブランコ、木製のおもちゃなど。一緒に遊びながら、音や揺れなどの刺激に対する子どもたちの反応や動きを観察し、活動を促しました。さらにビデオ動画で詳細に振り返って分析し、保護者からは普段の様子も伺いました。この体験から、子どもの突発的な行動への対応、保護者の気持ちへの配慮なども学びました。また、特別支援学校での実習で通常学校との環境の違いを観察し、卒業研究では「自閉スペクトラム症児が不登校となる原因の分析」をテーマにして、発達障がいの特徴や心理への考えを深めました。中部大学で得た知識や経験をもとに、さらに勉強を続けます。

洞戸 萌未さん
トライアスロン部で多くの大会に出場し、個人1位を獲得! 大学祭の「8時間自転車耐久レース」にも参加しました。

学科についての詳細はこちら

ページの先頭へ ページの先頭へ